中学受験の合格を目指すなら~塾でやる気スイッチをオン!~

学生

レベルに合わせた学習

現在の取り組みやトレンド

学生

集団授業を行っている学校教育現場ではどのレベルの子どもを基準に授業を進めるのでしょう。特に公立の場合、いろいろな家庭環境のこどもが集まるわけで、指導要綱に沿って進めても理解できる子、できない子が生じます。 出来ない子は宿題もできなくて、一層ついてゆけなくなります。 授業中簡単すぎて退屈している生徒より、全然わからないのかぼんやりして聞いてない生徒が困ります。「できない子」は特に、学校の授業だけでは十分ではないと言えます。また中学受験を考える生徒は受験用の高度な内容を勉強する塾に通うべきです。 最近の塾は一人一人の生徒に進度を合わせた個別指導が増えましたが、それは生徒や保護者からはこのようなきめ細かな対応が求められているからです。

そのサービスを利用する方法

個別指導を行うところは大手でも個人塾でも中規模の塾でも行っています。 1:1、1:2、1:3、これは先生と生徒の人数ですが、様々です。 そこそこ、言われたことができる生徒なら1:2、1:3で十分です。 しかし、一人では全く問題に取り組めない生徒も中にはいます。マンツーマンでつきっきりで指導されないとわからない生徒を、1:3の塾に入れたら、半分以上時間の無駄になります。 しかし、もっとも難しいのが全くやる気を起こさない生徒です。いくらやればできると励ましても、「どうせやってもできないから」とあきらめてしまう生徒です。この生徒は塾に通う以前に家庭と塾との連携をしっかりとらないと難しいです。塾に通わせておけばOKではなく、家庭でもほめて認めてあげることが大事です。

Copyright ©2015 中学受験の合格を目指すなら~塾でやる気スイッチをオン!~ All Rights Reserved.